バレルの選び方(規格)






















ダーツの部品の中で最も収容な部分であるバレル。
実際にプレイヤーが握って投げる部分であるため、ダーツの飛びに大きく影響します。
ダーツの形状、重さ、重心位置、カット等によって飛びの性質、好みが変わってきます。
ダーツのバレルは大きく「形状」、「重心」、「素材」、「規格」の4つの特徴で見ることができます。

バレルの規格とは?

バレルには「規格」というものがあります。
バレルの規格は、簡単に言えばチップの接続部の違いで区分されます。
バレルの規格は単に接続部の形が違うというだけでは片づけられません。
規格が違えば形が変わる。形が違えばダーツの性格も変わっていくのです

バーツバレル3つの規格

まずは下の画像を見てください。

1.2BA
2.4BA(SLEEK)
3.NO.5



MONSTER GHOST4 2BA(モンスター ゴースト4)



MONSTER GHOST4 SLEEK(モンスター ゴースト4)


MONSTER GHOST4 NO.5(モンスター ゴースト4)

これらのバレルはすべて同じダーツメーカーモンスターのゴースト4のシリーズです。
基本の形は同じダーツなのですが、規格が違います。
それぞれ2BA、4BA、NO.5という企画に区分されています。

どう違うのか

まず2BAです。
2BAは一般的に一番使われている規格です。
バレル側にチップを差し込む穴があり、そこにチップをねじのように回しながら入れていくものです。
それに対して4BAはバレルに突起があり、その突起をチップにあいた穴に回しいれるタイプです。
最後のNO.5は2BAと同じくバレルに穴が開いているのですが、その穴が2BAより小さくできています。
2BAの接続部の接地面の小径が5.8mmであるのに対し、NO.5は4.5mmとなりかなり細くなります。
このようにバレルの規格とは、バレルとチップの接続部の形や大きさによって決められます。

形の違いによりバレルの正確が違う

さて、ではそれぞれの規格により出て来るバレルの特徴とは何でしょう?

まずは重心です。
バレルの前方に穴が開いている2BAとNO.5に比べ、4BAは前重心のバレルが作りやすい構造になっています。
2BAとNO.5を比べると、穴の小さい5BAの方が2BAより前重心に作りやすい。
よって一番前重心になりやすい順で
4BA→NO.5→2BA
の順になります。
また4BAやNO.5は2BAより先端を細く作ることができますので、グルービングに有利であるといえます。

ただ、チップの形状、バレルの形状などにより、全てにおいてこの考えが通じるわけではありません。
それぞれのセッティングによって自分の好きな状態にダーツをセッティングしていけば、何を選んでも問題ないでしょう。






















おすすめ

公開日:
最終更新日:2015/11/25