バレルの選び方(素材)























ダーツの部品の中で最も収容な部分であるバレル。
実際にプレイヤーが握って投げる部分であるため、ダーツの飛びに大きく影響します。
ダーツの形状、重さ、重心位置、カット等によって飛びの性質、好みが変わってきます。
ダーツのバレルは大きく「形状」、「重心」、「素材」、「規格」の4つの特徴で見ることができます。

バレルを素材で選ぶ

実はバレルの素材は一つではありません。
どの素材で作ったバレルを選べばいいのか。
素材の違い、または配分率によってもバレルの性格は変わってきます。
自分にあった素材のバレルを探しましょう。

素材の違いの意味

バレルのはタングステンダーツとブラス(真鍮)ダーツがあります。
この二つの素材の違いは一言で言うと重さです。
単純に重さといいますが、重さはダーツの性格を決める上で重要な要素となります。
ダーツをダーツボードまで届かせて刺さるようにするにはある程度の重さあが必要になります。
しかし重さを確保するために大きなダーツのバレルが大きくなると、グルービングに不利になり、重い素材を使うとバレルが細くなり握るづらくなります。
素材の違いが、重さの違いになり、それがバレルの形状にまで影響してくるのです。




MONSTER RAPIER 2BA 【モンスター レイピア 2BA】



MONSTER RAPIER BRASS 【モンスター レイピア ブラス】

上の二つのバレルを見てみましょう。
左右ともに同じ形のバレルで、元々ある左のタングステンのバレルを、ブラスで再現したのが左のバレルです。
形は同じなのですが、大きさ重量に大きな差が出てきます。
そしてさらに大きな違いは値段です。
タングステンのバレルは10500円であるのに対しブラスのバレルは1730円と格段に安い。
安価で作れるためか、色合いやデザイン的にも遊び心がふんだんに盛り込まれたモデルも存在します。



映画 けいおん!ダーツバレルセット

ちょっとダーツを楽しみたいな、ダーツ始めたいけど何がいいかわからないから取り敢えず買ってみよう、という方にはブラスダーツがいいのかもしれませんね。

タングステンダーツ

ニッケルとタングステンの合金でブラスと比べると同じ質量でも重くなるため、シャープで重みのあるバレルを作ることができます。
ブルなど狭い場所に集中して投込む場合、バレルが太いと先に刺さっているダーツにはじかれる元になるため、細く重量のあるものが有利になります。

ブラスダーツ

真鍮製で、軽くバレルが細いため握りやすいのが特徴です。
価格も安価なので購入しやすく初心者にオススメです。






















おすすめ

公開日:
最終更新日:2015/11/24