バレルの選び方(形状)























ダーツの部品の中で最も収容な部分であるバレル。
実際にプレイヤーが握って投げる部分であるため、ダーツの飛びに大きく影響します。
ダーツの形状、重さ、重心位置、カット等によって飛びの性質、好みが変わってきます。
ダーツのバレルは大きく「形状」、「重心」、「素材」、「規格」の4つの特徴で見ることができます。

ダーツの形状の種類

ダーツのバレルは形状によって大きく3つに分類することができます。

トルピートタイプバレル

後ろ部分から前の部分にかけて少しずつ太くなっていく形状です。
クセがなく、グリップしやすく、ダーツに力を加えやすいのが特徴です。
初心者向けには最も適しているでしょう。
ただ先が太くなっているため、ややグルービングしにくいという弱点もありますが、上級者にも人気のあるがタイプです。

トルピートタイプおすすめバレル

ハローズ ウェポンシリーズ スティレット 80%タングステン




商品の詳細及び通販はこちら

商品スペック
素材 タングステン80% 最大径 7.5mm
重心 センター 刻み リングカット
長さ 38.5mm 重さ 16.5g
形状 トルビード 規格 2BA

 

砲弾型タイプバレル

トルピートタイプに分類されますが、より前方が太く短いタイプです。
握りやすく、力が乗せやすい。短くて前方が太いため、前重心のタイプが多く直線的な軌道になります。
初心者の方で、ダーツを直線的に飛ばしたい方向きです。
太いためグルービングには不利な面もあります。

砲弾型おすすめバレル

ダーツバレル【ディーエムシー】ホーク 18g




商品詳細及び通販はこちら

商品スペック
素材 タングステン90% 最大径 7.1mm
重心 センター 刻み リングカット、シャークカット、マルチカット
長さ 38.5mm 重さ 16.5g
形状 トルビード 規格 2BA

 

ストレートタイプバレル

その名の通り真っすぐなのが特徴です。
細くて握りにくく、バランスがとりにくい欠点はありますが、細いのでグルービングには最も適したタイプといえます。
海外プロに愛用者が多く、一般でも上級者が好んで使うタイプです。

ストレートタイプおすすめバレル

【ティガ】オールラウンドシリーズ フェレット FERRET




商品詳細及び通販はこちら

商品スペック
素材 タングステン90% 最大径 5.8mm
重心 センター 刻み リングカット、ダブルリングカット
長さ 48mm 重さ 18g
形状 トルビード 規格 2BA

 

どのタイプのバレルが良いの?

ではどのタイプのバレルを選べばいいのか?
答えとしては「何でもいい」です。
タイプの紹介で「トルピートタイプが初心者向け」とは書きましたが、人によっては「いや、細い方がいい」とか「もっと太いのはないかな?」と言う好みもあるでしょう。
「初心者向け」と書いたトルピートタイプのバレルにしても、トッププロの中にも使っている人は数多くいます。

まだほとんどダーツを投げたことがないという初心者の方は、まず安い初心者セットなどを購入し、自分の投げ方、好み、握る感覚の個性を理解したうえで「本気の一本」を探すというのもいいでしょう。

おすすめ

公開日:
最終更新日:2015/11/25