ダーツのグリップ






















グリップは超自然体で

まずダーツを投げるために初めてするのは?
モチロンダーツを手に握るところから始めます。
そこで大事になるのがダーツのグリップです。

ではどんなグリップが理想なのでしょう?
答えは、「自分の持ちやすいグリップ」が一番いい持ち方です。
そしてリラックスした状態で持つこと。
力が入りすぎると、リリースの際ダーツが指に引っかかることが多くなり、ダーツの飛びが安定しません。
逆に握りが弱すぎると、すっぽ抜けることが多くなりコントロースが安定しません。

何はともあれダーツを握るところから。
ぱっと握ったそのグリップを見てみてください。
それがあなたが一番握りやすい握り方でしょう。大半は最初の握りでイイと思います。
無意識に握ったグリップが一番リラックスした状態で、力が入りすぎず、抜けすぎずの、一番いい力加減で持てるからです。

しかし長く投げていると意識しすぎる方がほとんどです。

ダーツの基本的なグリップ

とはいえ、基本的なグリップがないわけではありません。
ダーツの基本グリップには2フィンガー、3フィンガー、4フィンガーがあります。

全ての握り方でダーツを人差し指に乗せ、水平になった中心部分を握るところから始まります。

 

IMG_1913

 

2Finger(ツーフィンガー)

IMG_1910

1.人差し指にダーツをのせてバランスを取り
2.人さ足指と親指の腹で挟みます。

 

 

3Finger(スリーフィンガー)

多くのプレーヤーがスリーフィンガーのグリップを使っています。

IMG_1911

1.人差し指にダーツをのせてバランスを取り
2.親指と人さ褪せ指の腹で挟み、中指を軽く添えます。

 

 

 

4Finger(フォーフィンガー)

IMG_1912

1.人差し指と中指にダーツを乗せてバランスを取り
2.親指と人差し指・中指で挟み、薬指を添えます。











おすすめ

公開日:
最終更新日:2015/11/25