ダーツの基本ルール























ダーツはソフトダーツとハードダーツの2つにわけられます。
(ソフトダーツとハードダーツではダーツボードの大きさ、高さ、スローイングラインまでの距離等ルールが少し違います。)
スローイングからダーツを投げて点数を競うスポーツです。

3投で1スローとなり、またボード外へ刺さった場合や、届かなかった場合も1投となります。

プレイヤーは交互に1スローを行い、全プレイヤーが1スローを終えるとラウンド終了となり、次のラウンドへ移ります。

プレイ順番の決め方

ダーツを投げる順番はコークで決めます。
コークとは、プレイヤー全員が1本ずつダーツを投げ、BULL(中心)に一番近いプレイヤーから先行となるルールです。
さらにコークを投げる順番は、じゃんけんまたはコイントス等により決めます。
01ゲームやクリケットではやはり先攻が有利ですんで、コークはゲームの勝敗を左右する重要な要素の一つであるといえますね。

点数の計算方法

まずはダーツボードを見てみましょう。

IMG_0775

ダブルゾーン

一番外の赤、青の部分は「ダブルゾーン」通称「ダブル」と呼ばれ、点数は2倍になります。

トリプルゾーン

更に内側の赤、青の部分がトリプルゾーン通称「トリプル」と呼ばれ、点数は3倍になります。

ブルズアイ

中心の赤と黒の丸を合わせた部分を「ブルズアイ」通称「ブル」と呼びます。
外側の赤う部分を「シングルブル」、または「アウターブル」と呼ばれ、内側の黒い部分を「ダブルブル」、または「インナーブル」通称「インブル」と呼ばれます。
ソフトダーツでは基本全ブル50点で計算しますが、ゲームや大会によってはシングルブル25点、インブル50点で計算します。

ダーツを投げる位置

ここではソフトダーツの投げる位置を紹介します。

IMG_0777

スローライン

投げる位置をスローラインと言います。
プレイヤーはスローラインから投げます。

距離

ダーツの真下からスローラインまでの距離は244cmです。

高さ

床面からダーツボードの中心までの高さが173cmです。











おすすめ

公開日:
最終更新日:2015/11/25