指でダーツを投げる時の力みを無くす(その1)

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

初心者の時も今も(レベル的には今も初心者みたいなもんですが…)引き続き言われ続ける言葉…
それは「力まないで!力抜いて!」です。
コレは多分私だけではないのでは?
多くの初心者、初級、中級と言われる方、いやもしかしたらダーツを長年してる上級者でもこの問題はついて回るのではないでしょうか?

もちろんそこには精神的なモノ(プレッシャーとか、プレッシャーとか、あとプレッシャーとか…)が少なからず影響しているとは思いますが、そんな時でもある程度は技術的なものの考え方で解決できるのではないかと思います。

今回は精神面はチョット横に置いといて、技術的な面から力みを無くす、もしくは軽減する方法を考えてみました。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

img_1387

img_1388

img_1389

「力抜いて!」は本当に耳にタコが100匹くらい出てくるほど(タコ違い…)聞いていますね…
そして、初心者を指導しているのを横でみていると(なんども言いますけど私も初心者みたいなもんです…)これまたよく聞きますし、初心者の方が悩んでいるのを聞いてもこのフレーズが出てきます。

「どこの力をどう抜けば良いのか」とか「力抜こうとしたら余計に力が入る」とかのフレーズです。

確かにわかりにくいでしょうね。
私はそれでも長年バレーボールをしていて、この「力まない」、「力を抜く」のを経験してきたので、ある程度は理解できましたし、応用もできました。

今回書いている力の抜き方もバレーボールをしていた時の力の入れ方と抜き方の応用です。
ので、あまりダーツの記事には書かれていませんが、ある程度は理にかなっているんじゃないかと思っていますし、実際やってみると効果はあるようです。

次回は小指の使い方の詳しい記事を書きたいと思います。

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道, ダーツ試行錯誤, ボクBULLってるんちゃいます?