上半身を安定させるためのスタンスを考える

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

なんと上半身がゆらゆらと揺れていたことが判明したちゃぁ。
これを単なる「下半身の老化」とかたずけることはどうしてもできなかった…
いや!したくなかった!

どちらにしても筋力だけの問題ではないと考えたのですが、なかなか原因がつかめない…
それでもちゃぁは持ち前の諦めの悪さで、かなりの時間をかけて実験を繰り返したのでした。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

img_1377

img_1378

img_1379

この結論に達するまでかなりの時間を要しました。
まあ、一つを試してすぐに結果が出るなんてことは無いですからね。
根気よく色々思いつくものは一つずつ試す。
一気に色々してしまうと、何が正解で誤りなのかわからなくなってしまいますからね。
一つのことを試して結果が出るまで最低1ヶ月。
って事は3つ試すためには3ヶ月と言う単純計算になります。
しかし、原因は一つだけじゃ無いことも多々あります。
そう言う時は色々組み合わせてまた時間がかかる…

この方法は単に私がドンくさいだけかもしれません(^_^;)
もっとチャッチャと感覚をつかむ方もいらっしゃるだろうし、試したことに対してすぐに対応できる方もいらっしゃるかと思います。
あくまで「私のやり方」がそうであるだけです。

そして今回書いた体重の置き方もこれが正解って事では無いでしょう。
「人それぞれ正解は違う」としか言いようがないですね。

ただ、なんか上半身が安定しないからスタンスを改造したいと考えた時に、漫画で描いた方法を試してみるのは良いと思います。

チョットまとめると…

  • 前後の足にかける体重の比率を変える
  • 膝に少しだけ余裕を持たせる。またはしっかり張る
  • スタンスの足幅を変えてみる
  • 前足や後ろ足の体重をかける場所を細かく変えてみる

今回私が主に試したのはこれくらいでしょうかね。
まだまだ、腰のひねりとか、後ろ足の位置とか、スタンスを決める上でポイントになるモノは多くあります。
少し時間がかかるかもしれませんが、「なんかおかしいぞ?」と思ったらお試しください。
チョットした事でダーツの飛びが劇的に変わることもありますんで。

あんまり考えすぎて深みにはまらないように注意してください(^_^;)

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございました。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道, ダーツ試行錯誤, ボクBULLってるんちゃいます?