個性的なフォームの鈴木未来選手

      2016/09/28





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

前回はパーフェクトの女子プロ代表とも言える大城選手の紹介をしました。
そうくるとジャパンですよね!
ジャパンレディースといえば!
この方を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そうです!鈴木未来選手です!
※お題にそう書いてますんで、もったいぶっても意味ないですけど…(^_^;)

鈴木選手は強いですね〜
今期の2016年度ジャパンレディース総合ランキングは現在1位!(※2016年度9月27日現在)
安定の強さを発揮しています。

スタートダッシュが素晴らしい!
ここ数試合優勝から遠ざかっていますが、後半戦楽しみです。

※注意事項
いや、ホンマに…びっくりするほど絵が似ていません!
ホンマに期待して見にこられた方がもし万が一いらっしゃったのなら申し訳ございません。
また、ご本人様がもし万が一このサイトをご覧になられて、「なんやこれ!あんまりやん!」とのご意見もございますかもしれませんが…
手前勝手ではありますが、太平洋のように広い心で、笑って許していただけませんでしょうか?
何卒宜しくお願い致します。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

img_1356

img_1357

鈴木選手のフォームは真似しようとして、できるものでもないでしょうね。
独特のフォームとリズムの取り方です。

ダーツプレイヤーにはポンポンポンとリズムで投げるリズムプレイヤーと、一投一投じっくり狙って投げるソリッドプレイヤーのタイプがいます。
ソリッドプレイヤーからするとポンポン投げるリズムプレイヤーはなかなか理解できないようです。

逆にリズムプレイヤーからすると、じっくり狙ってるうちに、ドンドン力が入って、どうも投げにくいようです。

私は…どうなんですかね(^_^;)
今のところ、リズムで投げた方がいいような気もするのですが、まだ自分のスタイルが確立してないレベルですんで、なんともいえないですね。

やっとフォームが決まってきたので、リズムで投げるかじっくり投げるかはこれからの課題の一つですね。

話が逸れましたが、鈴木選手等の変則(?)タイプを見ていると、ダーツは自由なスポーツというのがわかるような気がします。

そして、自分にあったスタイルを見つけ出していくのが難しいと思うのと同時に、それがダーツの楽しさの一つだな…とも思います。

今日も最後までおつきあいいただき有難うございました!

ジャパンレディースの試合動画はこちらから

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - プロダーツプレイヤー