【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(B1)

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

4スタンス理論関連記事
【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(その1)
【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(その2)
【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(その3)
【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(A1)
【漫画】ダーツに4スタンス理論を取り入れる(A2)

さて、今回は「4スタンス理論をダーツに取り入れる」のB1タイプです。

そしてB1タイプの特徴は…
重心:足のかかとの内側に重心を置きます。
軸:左右同側同士の肩と股関節が連動することで体幹能力がうまく伝わるタイプ。右肩なら右股関節が連動。

この特徴に沿ったダーツフォームとはどんなものなのか。
さっそく見てみましょう。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

image

image

image

いかがでしたか?
B1タイプのフォームの特徴を理解いただけたでしょうか?

Bタイプの特徴としては軸を後ろ足からとるのが特徴です。
これはAタイプの人からするとできるできない以前に理解ができないようです。
イメージしにくいんでしょうね。

それとB1タイプはパラレルタイプなので、腰を捻らずに、状態をほとんどクローズにしておくのも特徴ですね。

ただ、そうすると、首を捻って前を見る必要があるので、腰のひねりは、首に負担のない程度には捻っても大丈夫でしょう。

あとテイクバックはゆっくり深くためを作るようにすると、力が入らずいい感じに次のスローイングにつなぐことができるようです。

前回も書きましたが、この4スタンス理論は人の動きを4つに分けるわけですので、この通りにすれば完璧!というわけでもないと思います。
4スタンス理論は参考にしながらも、自分にあったフォームを完成させてください。

最後までおつきあいいただき有難うございました。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道, ダーツ試行錯誤, ボクBULLってるんちゃいます?