DMCクラシックへの道 その6

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

このお話は
DMCクラシックへの道 その1
DMCクラシックへの道 その2
DMCクラシックへの道 その3
DMCクラシックへの道 その4
DMCクラシックへの道 その5
の続きです。

まだお読みでない方はリンクからお読みください。

試合ですが、予想に反して順調に進みました。
前回ちらっと書きましたが、実際試合経過は正直あんまり覚えてないんですよね〜。
ある程度落ち着いたと言っても、やっぱり緊張していたのと、集中力が物凄く高まって、試合経過を考える余裕も無かったんです。
おかげで、雑念なく狙いに集中できたんだと思います。

DMCクラシックもそうですが、多くの大会はシングルスもあります。
そしてやはり多くの大会でシングルスはダブルスエントリーしている人が出れることが多いようです。
もちろんその限りではありませんが。

中には当日の飛び込みでシングルス戦に参加できるものもあるようです。

しかしこの時私は、初めての大会なのでシングルスまで体力と気力を保つ自信が全く無かったのでエントリーしませんでした。
はい、正解でした。

試合が終わってももちろん大会は続きます…

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。
image
image
ダーツを始めて間もなく参加した大会、DMCクラシック。
ペアに迷惑をかけないか、まだ出れるレベルじゃ…等と結構悩みましたが、結果は出てよかったです。
本当に1日ダーツにどっぷり浸り、とても楽しい1日になりました。

現在「出たいけど大丈夫かな?」と思っているあなた!
私のレベルでも出て楽しめたんです!
大丈夫です!
迷ってるあなたには是非参加をオススメします。
確かにすざまじい緊張感に襲われる可能性が高いですが、それ以上の楽しさを味わえるのではないでしょうか〜!

6回にわたってお届けした「DMCクラシックへの道」は今回でやっと終わりました。
今回に限らず思いついたまま書いていますので、読みづらい部分もあったと思います。
これから精進して、皆さんに少しでもダーツの楽しい世界を味わっていただける漫画を描きたいと思いますので、これからもどうか見捨てないでくださいTT

長々とおつきあいいただきありがとうございました。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ徒然, ボクBULLってるんちゃいます?