兵たちの顛末

   





















パティーゲーム

いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。
パーティゲームってされたことありますか?

いつもなら、最初にカウントアップもしくは01、ハーフイットなんかで肩慣らしして、そのままメドレーで対戦だ!
みたいな感じでヘロヘロになって帰るんですけど、なんとなくまだ帰る気にならないな、ちょっと遊んで帰りたいな…
という時にピッタリなのがパティーゲームですね。

私のよく行くダーツバーではそういう人が多い時は、いろいろあるパーティーゲームの中から「飲飲ーヤムヤムー」を選びます。
だいたい言い出しっぺは、元バーの投げスタッフさんで、今はお客としてお店に来ているエマちゃんなんです…

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

23−1

23−2

23−3

 

我々はヤムヤムはだいたいダブルス、4チームで対戦します。
なので、8人参加です。
パーティゲームの多くはあまり実力と関係のない人も参加できるますので、大人数でできて楽しいですよね。
楽しくて盛り上がる…

はい…かなり盛り上がります…

てか盛り上がりすぎるんです!
罰ゲームが!

漫画の通りダーツの罰ゲームといえばやっぱりテ◯ーラです。
酔ってくるとハウスルールの「ノーヤムヤム」はなかなかの曲者です(・_・;

ヤムヤムは飲飲と書くだけあって、明らかに飲むためのゲームですね(笑)

皆様も色んなハウスルールがあるのではないでしょうか?
パーティーゲーム以外でも色んなハウスルール、よろしければ教えてください♫

え?しませんよ?
教えてもらったからって、しないっすよ?

どうせ皆さん飲ますためのルールなんでしょ!?
しませんとも!!!!←あかん…フラグたってるんちゃいます?

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ徒然, ボクBULLってるんちゃいます?