「ダーツというスポーツ」に欠かせないもの

   










































どうも!昨日ダーツの投げ共に「え?結婚して無かったんですか!?てっきり結婚して子供もいてると思ってましたよ!」と素で言われ、泣きそうになったちゃーちゃんです。

ダーツと言えば…

完全に個人的な見解です。

私の場合ダーツと言えばアルコールです!
なんせダーツを始めたきっかけがアルコールですから仕方ありません。
多分この辺は多くのダーツプレイヤーに共通するものではないでしょうか。
元々私はとってもとってもお酒が好きです。
いえいえ、特に強いというわけではありません。
「たしなむ程度♪」です。
バーに行き至高の褐色の水であるウィスキーで、鼻孔と舌と喉を潤しながらマスターと酒談議に花を咲かせる。
そんなひと時が無性に好きな中年おっさんです。
多分お酒を飲んでなければ家の一軒や二軒建ってんじゃないかと…(大袈裟デス)
そんな私にとって、帰宅途中の商店街は誘惑が渦巻く禁断の通りと化します。
私のホームであるダーツカフェバーイノセントに始めて入った目的も酒です。
行きつけのバーがなぜか2件とも休んでいたので、なんか見たことのあるバーの看板に磁石で吸い寄せられるように、驚くほど自然に入っていったのがイノセントとの出会いです。

そんな私が…

初めて入ったダーツバーで、ママに「ちょっとダーツ投げてみません?」と誘われ、昔ダーツをしている友人に誘われ2~3回だけ投げ、コテンパンに、無慈悲に、そして無惨にやられた記憶を蘇らせつつも、楽しそうにダーツを投げている方々を見ていると「ちょっと投げてみるかな」と考えたのが運のつき。
翌日にはネットで検索して見つけたダーツショップにダーツを買いに走っていました。
そしてダーツを競技スポーツとして始めるようになったのです。

ちょうどその時長年続けていたバレーボールを引退し、試合の緊張感、高揚感に飢えていた時期だったので、タイミング的にもバッチリはまったのでしょう。
「試合に出るため」にダーツを始めたのです。

そうすると「スポーツであるダーツをする時はお酒は飲まないぞ!」という流れになっていったのです。
お酒を飲むために入ったバーで、コーヒーを飲みながらダーツをするという、私としては考えられない行動に出たのです。
まあ、バレーボールの代わりにダーツをするわけですから自然の流れなのかもしれません。

あることに気づいてしまった私

しかし、そうはいってもホームがバー。
シフォンケーキ程のかたさの決意しかできない私のような人間が、お酒の誘惑に勝てるはずもありません。
私の「お酒を飲まないダーツ生活」は無惨にも3週間ほどで終焉を迎えます(みじかっ!)

そして「酒飲んでも飲まんでもダーツの成績は全然変わらんやん!」という悲しい現実を突きつけられたのです。
まあ、元がヘタッピイなんで、それ以上ヘタになりえなかっただけという意見もチラホラと聞こえてきそうですが、そこは勇気を振り絞って無視しておきます。

今ではお酒の無いダーツは考えられなくなったと言っていいでしょう。
※さすがに仕事の空き時間にするちょい投げの時は飲みませんが。
ウィスキー好きの私としてはダーツを投げる時のお酒は「ジャックダニエルソーダ割り」です。
最初はウィスキーをロックで飲んでいたのですが、さすがに酔いが回りすぎるので…(^^;)

今では「ダーツの世界でスポーツドリンクはアルコールって意味やねん!」との天の言葉(※想像上)の通り、私にとってアルコールとダーツは切っても切れないものになっています。

今日もダーツとお酒で 「Enjoy Darts!」です♪






















もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ちゃーちゃんのダーツな日々