4スタンス理論を自分のフォームに導入(自己診断編)

   































4スタンスと自分の投げ方の融合

ちょうど自分のフォーム、ダーツの投げ方を徹底的に改造している最中、4スタンス理論を知りました。
で、自分のダーツの投げ方にも4スタンス理論を取入れることはできるのか?
上手くいくならぜひ取り入れたい!
と思ったら意外や意外…

私はA1タイプらしい

人の動きはそれぞれ特徴があるそうです。
自分なりの解釈で言えば…

例えばコップを無意識に持ったとき、どこを軸に持つのか。
指先に力を入れるのか、手のひらに近い指の根元なのか?
また人差し指に力を入れるのか薬指か?

屈伸をする時に前の方に体重がかかるか、後ろの方か?
膝は内を向いてるか、外を向いているか?

等、人によって動きの「軸」が違うそうですが、それを4つのタイプに分類したのが4スタンス理論です。
その4つのタイプによってそれぞれ軸のとらえ方が違い、体を動かす順番も違う。
自分のタイプにあった、体の動きをすることによって、よりスムーズに、無理なく運動能力を上げていこう。

という事だと思います
※自分なりの理解です。間違っていたらごめんなさい(^^;)

4スタンス理論の自己診断

まずは自分がどのタイプなのかを診断する必要があります。

4スタンス理論では4つのタイプを
A1、A2、B1、B2の4タイプに分類します。
その違いを分かりやすく足のの重心のかけ方で説明しています。
それによると…

  1. A1=つま先内側重心
  2. A2=つま先外側重心
  3. B1=かかと内側重心
  4. B2=かかと外側重心

の4タイプです。

自分のタイプは?

では自分のタイプはなんなんやろ?
自己診断をしてみます。


色々動画はありますが、これが一番簡単に一人でチェックできる動画ではないでしょうか?

その分判断ミスの可能性もはあり得ますが(^^;)。
これによると私はAタイプのようです。
Aタイプはつま先内側、つまり親指の付け根あたりに重心を置くとよいようです。
では、これをダーツに応用すればどうなるのか?

次はAタイプのダーツの投げ方をみてみます。











もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道