フォーム大改造 グリップ編

      2015/11/04
































安定したフォーム作りのための大改造。
フォームを安定させるためには、無理のない自然なフォームを心がけること。
そして、色々注意点を考えながら投げるのはムリ!と言う事実への気づき…(遅いっちゅうねん)
今まで私がダーツを投げる一連の動作に対する注意点は次の通りです。

  1. 重心は前に、地上に垂直に重心を保つ
  2. 右目とダーツとブルを直線上に、そして肘からダーツまでの線が地上と直線にセットアップ
  3. 肘を動かさず、力を抜いてテイクバックする
  4. テイクバックは真っすぐに
  5. リリースの位置をセットアップした時のダーツの位置で
  6. フォロースルーの位置をブルに向ける
  7. テイクバックから、リリース、フォロースルーまでの手の動きが直線的になるようにする(弧を描くようにならないよう気を付ける)

の、7つ。
これに、「ブルに集中し狙って投げる」という非常に集中力を消費する作業を合わせて「7+1」とさせていただきます。

それにしても多い!
書き出すと本当に多いのが実感できますね…

グリップから考えてみた

考えないように投げるために、まずグリップから考えてみました。
セットアップ時にまず腕が地面から垂直になるようにイメージするのですが、それと同時に手首も真っすぐするように注意していました。

よってここではグリップそのものというよりは、セットアップ時の手首の形です。

上記のように今までは手首も腕と同じように垂直にを心がけていました。
要するに手首を返さず真っすぐにしてたんですね。

IMG_1918

こんな感じで。

「しかしこれだと前後左右いつも同じ形になりにくいんじゃないか?真っすぐをめっちゃ意識せなあかんやん!めんどくさっ!カットカット!」

じゃあ、どうする?
プロの試合をYOU TUBE等で見ていると、ダーツのスローイングのフォームは様々でまさに十人十色。
手首に注目してみると、真っすぐの方と手首を反らせている方がいます。
単純な私は、「うん!手首反らしてみよ!」
と即断!

やってみたのがこれ。

IMG_1919

手首を「おっと、これ以上反らしたら力入れな無理やって!」という一歩手前まで反らせます。
そうすると、ギリギリまでやから、いつも同じ形になるやろうなという事です。
うん、投げてみた感覚でも違和感はありません。
ひとまず手首(グリップ)はこの形で決定!

関連記事

 











もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道