フォーム大改造 現フォーム問題点編

      2015/11/04































フォームの再点検

DMCクラッシックのため、長い間ゲーム中心の練習で勝ちに拘って、フォームチェックを長い間怠っていました。
そんで、フォームチェックしながら、DMCトーナメントの前から考えていたダーツフォームの見直しをしようと一念発起です!

さて、ゲームを続けているとやはり気になるのは、飛びに大きなムラがあることです。
その日その日、いや1ゲームごと、いや1ラウンドごと、いやいや1投ごとに思いっきり!これでもか!というくらいかなり違う。
しかも、一度狂うとなかなか元に戻せず、♪どうにもこうにも止まらない♪状態になります。

要するにフォームがバラバラだってことですよね。

 

ダーツを投げる時の問題点

今の問題点は何かと考えると、そのヒントはダーツを投げる時の注意点を見ればわかりますね。
では注意点は…

  1. 重心は前に、地上に垂直に重心を保つ
  2. 右目とダーツとブルを直線上に、そして肘からダーツまでの線が地上と直線にセットアップ
  3. 肘を動かさず、力を抜いてテイクバックする
  4. テイクバックは真っすぐに
  5. リリースの位置をセットアップした時のダーツの位置で
  6. フォロースルーの位置をブルに向ける
  7. テイクバックから、リリース、フォロースルーまでの手の動きが直線的になるようにする(弧を描くようにならないよう気を付ける)

の、7つです。
一連の動作をブルを狙いながら集中して行う。
この7つのうちのどれかが守られていないためバラつきが出るんですよね。
この何かを直せば…

って、ムリです。
セットアップからフォロースルーまでの5秒足らずに、7つもの注意点を考えてチェックしながら投げる。
絶対ムリ! 少なくとも私の脳細胞は、これをできる構造にはなっていません!
「いやいや、それを考えなくても自然にできるまで反復練習するのが大事なんちゃうん?」
との天の声的なものも聞こえてきそうですが、あいにく私は無神論者ですんであしからず。
てか、「そうなるまで一体いつまでかかるんじゃい!」と私は髪の声に反論したい。
あっ…道がそれましたが…(^^;)

色々考えながらダーツ投げるのしんどいんです。
私疲れたんです。
人生に…ではなく、考えまくりながらダーツを投げるのに。

 

意外と簡単な問題点の解決

せやから、「色々考えずに投げるにはどうしたらいいのか、色々考えてみました」
あれ?また考えてる。本末転倒?
いやいやいやいや、そうじゃなくって。
ただ単に色々考えなくなると、もっと無茶苦茶になる恐れもあるんで、無茶苦茶にならんように、考えない投げ方という、超ご都合主義的な方法を考えてみたんです。

答えは簡単。
考えずに投げるためには、考えないといけない動作を省けばいいんです。
オゥー! イッツ イーズィー!

関連記事











もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道