グリップ考察

      2015/10/26






























 

ダーツを始めてまず悩んだのがダーツのグリップです。
どうしても上下左右に散らばり、リリース時ダーツが指から離れる時、バラバラになるのが自分でもわかるくらいでした。
当時は2フィンガーでしたが、二つの指さえうまく揃わない。

 

 

注意点1:グリップの力加減

ししょーに相談したところ「力の入りすぎ」が大きな原因とのこと。
ししょーがダーツを持って、それを後ろから引っ張ると、するっと抜けます。
それくらいの力加減で…
意外と難しかったです(^^;)
抜きすぎるとすっぽ抜けたり、ヘロヘロ飛びになったり…

まずは力加減の調整です。

 

注意点2:グリップ時のダーツの向き

次にダーツの向きです。

 

上下の向き

最初上向きにダーツを握っていたのですが、それだとテイクバック時にダーツが天井を向くくらいになってしまいます。
よって上に行きすぎ、リリースやフォロースルーが安定せず高さが合わせにくい。
グリップ時より少し下に向けて握ってみます。

左右の向き

これは簡単な話で単純に左右の向き…というわけでもなく、指のどの部分で挟むかによって意識しないズレが出ていたようです。
指の腹で包み込むように持つように心がけます。

 

 

2フィンガーから3フィンガーへ

これは一番大きな変化でしょう。
今までは2フィンガー
IMG_1910
でしたが、この際おもいきって
IMG_1911
にしてみました。

で、私個人的には2フィンガーより3フィンガーの方が
注意点1の良い力加減で持ち、注意点2,3の上下左右の向きを安定させるのに
良いようでした。

1.まず、優しく人差し指と親指で優しくダーツを挟み
2.そっと添えるようにチップの根っこらへんに中指を添える。

この中指がダーツの上下左右の向きを決めるのに有効のようです。
中指の感触がいつも同じように気を付けると、かなり飛びが安定してきました。
しかも中指で向きを安定させるので、人差し指と親指に力が入らない。
良い感じに指からダーツが離れます。

おお!これだ!
と、いうことで今では」3フィンガーが私のグリップです。










 

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ上達への道