粕谷晋プロ|ダーツフォームと3つの顔がスゴイ!

   





















粕谷晋プロが色々スゴイ

プロフェッショナルダーツJAPANの第一線で活躍している粕谷晋プロ。
18歳の時にダーツと出会い、2012年にプロに転向してJAPANに参戦しています。
そして2015年には年間チャンピオンにか輝く実績を持つ粕谷プロですが、粕谷プロはホント色々スゴイんです。
何がスゴイって…

  • 独特の変則フォームでズバズバ入れまくる…スゴイ!
  • 昼の顔はサラリーマン!兼業プロでトッププロ…めっちゃスゴイ!
  • 仕事にダーツのハードスケジュールを支えるのは奥様…イッちゃんスゴイんちゃうん⁈

こんな色々スゴイ粕谷選手のグリップ、テイクバック、スロー等のダーツフォームとか、人となりとかチョットのぞいてみましょうかね。

粕谷晋プロ|ダーツフォームと3つの顔がスゴイ!

粕谷晋プロ|ダーツフォームと3つの顔がスゴイ1
粕谷晋プロ|ダーツフォームと2
粕谷晋プロ|ダーツフォームと3つの顔がスゴイ3

粕谷プロのダーツフォーム

粕谷プロはよく独特のフォームの持ち主と言われますが、確かに試合動画サッと見るだけで「あれ?」と思うことが多いんです。
まずレフティ(左利き)であるというコト。
ご本人は特に左利きであることに対してこれといって意識はないそうですね。
しかし、粕谷プロのフォームの個性はレフティということだけではありません。
というか、レフティであることは粕谷プロのフォームの前ではそれほど大きな特徴ではないと思います。

※粕谷プロの漫画を描いてて思ったこと…
左利きってだけで描くのむずかしっ!(^^;;

グリップ

色々凄くて個性的な粕谷選手ですが、グリップから個性的です。
現在トッププロの多くはどちらかと言うとダーツを指の深い部分でグリップする方が多いように思います。
特に親指は第一関節付近でグリップする方が多いと思います。
しかし粕谷プロは3フィンガーというところは一般的であるものの3本とも完全に指先でグリップしているというのが印象的です。
ちなみに手首は固定しているように見えます。

セットアップからテイクバックまで

粕谷プロのフォームで一番個性的だと思われるのがセットアップからテイクバックまででしょう。
セットアップは地面に垂直に近い形でして、一度軽く前に出して浅いけどゆっくりテイクバックします。
ところが前に出す時もテイクバックするときも肘が上に動くんです。
2段階で肘が動くんですよね。
一般的にはテイクバック時には肘を動かさない!と言われているんでが、全く無視っすよ(笑)
それでズバズバ決めるんですからわけわかりません。
やっぱスゴイな〜

スローとフォロースルー

グリップにテイクバックと色々個性的な粕谷プロですが、リリースからスロー、そしてフォロースルーまでは驚くほど教科書通りに進んでいきます。
しっかり3本の指はバランスよくダーツから離れ、スローは綺麗に人差し指が目標に向いています。
フォロースルーも綺麗に腕が伸びているのがわかります。

粕谷プロの3つの顔

JAPANでトッププロとして活躍する粕谷プロ。
実は兼業プロなんですね。
昼は造船の溶接工としての顔を持ち、家庭では良き夫であり良き父の顔を持つ。
そして一旦スローラインに立てばトッププロの顔に豹変する。
サラリーマンとしての兼業プロの為、試合のある日は仕事が終わって深夜車で移動することもあるそうです。

そして何よりそんな忙しい日々を支えておられる奥様。
奥様が一番エライ!
と、チャァは思うのであります。

色々な面で個性的な粕谷プロ。
ご本人は喋れないしお酒も飲めないのでイベント企画もできないけどイベント自体は好きだそうです。
そんな寡黙でありながら、人と繋がるのは結構好きなお茶目な面も粕谷プロの魅力の一つかもしれませんね。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - プロダーツプレイヤー