クリケットの練習をしよう!

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

ソフトダーツはメドレーで勝負!

ダーツを始めて少し経つと、メドレーをするようになるでしょう。
ソフトダーツで普段対戦をしたり
、ハウストーン場面とに出たり、公式戦に出ると多くの場合は01とクリケットのメドレーをしますよね。

※各ゲームのルール記事
クリケットのルールはこちらから
01ゲームについてはこちらから

01に関しては、ほとんどの方が最初にカウントアップから始めたと思いますので、そのまま練習すればいいのですが…

クリケットとなると、狙う位置が、20〜15までとBULL。
あっちこっち、狙って投げるのは結構至難の技です。
しかも、ソフトダーツは基本BULL狙いなんで慣れないので、イライラしたり落ち込んだり…

始めのうちのクリケットは本当に嫌になりそうですよね。

クリケットの為の練習は必要か?

おそらく多くの初心者は「クリケットのほんまに苦手…」という方が大多数ではないでしょうか?
私もそうでした
※注)「今は『上手い』」って事じゃないですよ?(^_^;)

それでクリケットの為の練習したほうがいいんじゃない?
とししょーに言ったこともありました。

しかし…
「いや、クリケットはBULL
入るようになると自然と上手くなりますよ」と言われ続けてきました。
多分その通りでしょう。

但しです。
やっぱり慣れというのは必要で、ある程度グルービングをするようになってくると、クリケットの為の練習も有効ではないかと私は思います。

今回はそんなクリケットの為の練習を紹介しましょう。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

クリケットの練習をしよう!

img_1523

img_1524

img_1525

まずはイメージをしっかりと

「ブルを投げるとの同じように20トリプルに投げればいい」
よく言われる言葉ですよね。

そうなんです、間違い無いんです。
ブルに入るなら20トリプル近辺にも入りますよね。
トリプルでなくてもシングルならブルより何倍も広いんですから。

しかし…
なかなか20をブルとは思えないんですよね。
だって、20とブルじゃ形も違いますし…

私が融通の利かないだけかも知れませんが、なかなかイメージできないんですよ。
そこでししょーが取り出した輪ゴム!
チップで輪ゴムを引っ掛けるとあら不思議!
20トリプルがあっという間にブルに大変身!
とまではいきませんけど、かなりイメージは作りやすくなりました。

そして、もう一つ利点は、20トリプルは狭いですよね。
ブルより狭いですよね。
すると、狙おう狙おうと考えてしまうので力んでしまうんですよね。

もうちょっと広く。
そうブルくらい広ければいつも狙っている広さなので力みも軽減できます。
狙いをトリプルよりちょっとアバウトにしてあげるんです。

その程よいイメージを作るためにも「輪ゴムをトレーニング」は効果的では無いでしょうか?

クリケットは20だけじゃ無い

そうなんです。
クリケットは20だけじゃ無いですよね。
ある程度ブルを狙うような感覚で、20を狙うことができるようになれば、19、18、17、16、15と狙えるようになりたい。
そんな時全てのナンバーに輪ゴムをかけてもいいんですが…

次回に続きます。

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ投げ方入門, ダーツ試行錯誤