ダーツを投げる時の体重移動ををちゃんとする

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

関連記事
ダーツを投げる時カラダは?

「ダーツを投げる時は体を動かすな」の考えを捨てる

ダーツを始めた頃「体を動かさないで」と言うのを、なんの疑いもなく呪文のように唱えて練習していました。

しかし、「本当にそうなのか?」と一度疑問を持つと頭から離れないんです。

「体を動かしたほうが綺麗に飛ぶのに、動かしたらあかんの?」と考えながら投げても上手くいくわけがないんですね。

それにプロプレイヤーのフォームを見ても、全ての選手が体を動かさないわけではない。
私が「このフォーム良いな」と考えている、パーフェクトダーツの大城明香利選手はハッキリと体が動いています。

そんな時に「体重移動」と出会った

そんな時に私のししょーが、ダーツを投げる時の体重移動を教えてくれたのです。
これは主にインパクトをつける為のものだそうですけど、私は「やっぱり体動いても良いんや…」と、ちょっと違う捉え方をしてしまいました。

その考え方が正しいのか誤りなのかはわかりませんが「体を絶対動かしてはいけない」という呪縛から抜け出すには十分でした。

そこで、ダーツを投げる時の体重移動を「取り入れる」と言うより、私の場合元々体が動いたほうが良いので、「自分のダーツフォームの合わせてちゃんと考える」作業が始まったのです。

ダーツを投げる時の体重移動ををちゃんとする

img_1507img_1508img_1509

ダーツを投げる時に体が動くのは本当に良いのか?

ダーツ始めた時に多くの人が、「体を動かさないように」と言われて来たと思います。
じゃあ、それは間違えているのか?

いいえ、間違っていないと思います。
動かさないほうが良いのは間違いない。
しかし、無理に体を固定しようとすると、それは力みになるのも事実です。

そこで私は体重移動をしたほうが良いんじゃないのか?
という考えに至ったわけです。

「体を動かすな」は決して間違っているのではなく理想を言えば動かさない方が良いのは間違いないと思います。

良い動きと悪い動き

ダーツを投げる時に体が動くのには、良い動きと悪い動きがあると思います。

悪い動きはダーツのスイングに上半身が引っ張られる動きだと、私は理解しています。

引っ張られる形になると、体の軸が崩れて、スローイングもリリースも崩れやすくなるからです。

そして良い動きは、下半身でちゃんと体重移動をした時の動きです。
下半身で体重移動ができていれば、上半身は動くことなく、軸もブレずに投げれる上に、力を入れなくてもダーツが鋭く飛んでいくんです。

最終目標は「体重移動をしても体が動かない」

最初に体重移動を意識すると、どうしても体が動きます。
私自身そうやって体が動いたほうが力まずに投げれるので、それで良いと思います。

しかし、あくまで理想は動かない。

そして上級者は、体を動かさなくでも、足の裏で体重移動をしながらダーツを投げるそうです。

目指すはそこ!

次回は体重移動をする時の注意点と練習方法についてです。

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ試行錯誤