ダーツを投げる時カラダは?

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

関連記事
ノーテイクバックへ|テイクバックをしない利点
ノーテイクバックへ|テイクバックしないデメリット
ノーテイクバックへ|リズムと力みと

たまたまそうだった

前回記事の最後で「気づいた」とやけに意味ありげに書いてしまいましたが、まあ、絵を見ていただいて、わかった方も多いかと思います。

力を抜くことを主な課題として練習をしている時、やっぱり良い感じの時と、良くない時がありました。
そして、良い時の体の動きを考えていると、あることに気づいたのです。

カラダが微妙に動いてるんですよ。

う〜ん…
かなり考えましたよ。
「良いのかこれ?」と…

まずは、カラダが動いたから良い感じなのか?(この書き方はちょっと誤解を生みそうですね…)
もしそうだとしたら、そのままほっといて良いのか?
と言う2点。

基本ダーツを投げる時、ダーツのフォームとしてはカラダを動かさないのが理想だと思っていた私は、ダーツの飛びがいいからってカラダが動くのをそのまま置いておいて良いのかな?という迷いが、頭から離れることがありませんでした。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

img_1503

img_1504

img_1505

ダーツを投げる時の体重移動

体重移動なんです。
皆さんはダーツを投げる時に体重移動します?
多分皆さんしていると思うのですが、ダーツの場合力を込めて遠くへ飛ばす必要もないので、意識はしておられないんじゃないかと思います。

でも、人の体の構造からして、体重移動せずに投げようとすると、多分無理が出るんじゃないかと思います。

まさに私はそれだったんでしょうね。
頭に「体を動かさない」という固定観念があまり強すぎて、体重移動をしないまま投げていたので無理が生じ、リズムも取ることができず、尚且つ力んでしまうことが多かったのではないでしょうか?

俗に言う「手投げ」ですね。
ダーツでは手投げでも十分に届いてしまうので、気にしない、してこなかったのでしょう。

でも、力みを無くしたり、リズムを作るのに私はやっぱり物を投げる動作には体重移動は必要だなと思います。

体重移動でインパクトを身につける

体重移動をすることによって得られるメリットはインパクトにあります。
これはししょーの受け売りなんですけどね。

私の個人的なイメージではインパクトはタイミングと言い換えても、意味合い的にはそれほど遠くはないと思います。
体重移動をしながら「ここや!」というタイミングをつかめる、いや、つかむのが大事なんだと思います。

そうすることによってリズムも自然とできてくるのでは無いでしょうか。

ダーツを投げる時の体重移動って?

ただし、野球でボールを投げるような体重移動は必要ないですし、してはいけない。
ダーツにあった体重移動が必要なんですよね。

この辺に関しては次回の実践編で書いていこうと思います。

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ試行錯誤