ダーツの持ち方、グリップの種類

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

ダーツの持ち方、グリップだけがダーツに直接影響する

ダーツの持ち方はグリップと言います。
グリップはダーツを投げる上で最も重要な部分です。
めっちゃ重要です。
ホンマに重要です。

なんせダーツを投げる動作の中で、唯一ダーツに直接触れる部分なんですから、その重要性は説明も必要ないでしょう。

そんなダーツのグリップの位置はどこで、持ち方はどんなものがあるのでしょう。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

ダーツの持ち方、グリップの種類

img_1462

img_1463

img_1464

ダーツの持ち方、グリップの位置

ダーツのグリップ位置は一般的にダーツ全体の重心(中心)を持てば良いと言われています。
また、ダーツにはカットという刻みが入っていますが、それを目安に持てば、だいたい重心を持ったことになりますね。

※ダーツは種類によって重心がちょうど真ん中にあったり、前気味だったり、後ろ気味にあったりします。
それぞれ効果が違うのですが、それはまたの機会に。

しかし、持つ位置にもダーツの前の方を持ったり、後ろの方を持ったり結構好みがあるようです。

ダーツの持ち方、グリップの種類

ダーツのグリップは主に、ダーツを直接持つ本数で分類されます。

親指と人差し指で持つ2フィンガー
2フィンガーに中指が加わった3フィンガー
3フィンガーに薬指が加わった4フィンガー
の3種類です。
5フィンガーってのもあり得ますが、今のところ私は見たことありません。

あと、ダーツを持っている以外の指の形ですが、ダーツの下に握る人、かぶせるように握る人、開いたままの人と人それぞれですね。

3つの持ち方に共通するのは、ダーツを持つのは親指と人差し指であることです。
中指と薬指は添えるだけ。

では、中指と薬指はなんのために添えるのか。
多くの3フィンガーと4フィンガーのプレイヤーはダーツを持つ角度を決めるために添えています。

ダーツの持ち方、グリップに正解はないが、一つだけ

どのグリップを選ぶかは、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分には何が一番あっているのかを選んで決めれば問題ありません。

正解はないんです。

しかし、一つだけいえることがあります。

絶対指先に力を入れてはいけない!
ギリギリダーツが落ちない程度の力で持つのがベストです。
そうすることで、ダーツのリリースが綺麗にまとまり、ダーツの飛びも一定になります。

力を入れると、2本、3本、4本の指が、ダーツから離れるタイミングがバラバラになって、投げるたびにダーツの飛ぶ角度が変わってしまう現象が起きやすくなります。

ダーツのグリップはできるだけ力を抜いて!

これ鉄則です。

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございました。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ投げ方入門