ダーツのテイクバックとリリース

   





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

ダーツのテイクバックは深さとは向き

ダーツのテイクバックはダーツを投げる動作の中で、リリース(ダーツを話す動作)につながる動きで、これがズレてしまうと思った通りにダーツが飛んできれません。

なので、テイクバックを繰り返し一定の動きにする必要があるのですが、気をつける点はテイクバックの深さと向きです。

テイクバックの深さとは、ダーツをどこまで引くかで決まります。
セットアップの位置から1〜2センチだけ引く、浅いテイクバックにするのか、顎の下までしっかり引くテイクバックにするのか…
どっちの深さも正解不正解はないのですが、重要なのはいつも同じ深さにテイクバックする事なんです。

そして向き。
テイクバックの向きはそのまま目標とダーツの軌道線上にするのが理想的ですね。
中には変則的なテイクバックをする人もいますが、これも自分にあったテイクバックの向きを選べば良いでしょう。
深さと同じで、いつも同じ向きにテイクバックして、ダーツの飛ぶ軌道を一定にできればOKです。

それぞれリリースにつながる要素なので、しっかり練習する必要があります。
テイクバックの深さは高さに、向きは左右の方向に影響します。

では、ダーツのテイクバックとリリースの関係を見てみましょう。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

ダーツのテイクバックとリリース

img_1452

img_1453

img_1454

テイクバックの深さを一定にするには

テイクバックの深さはタイミングです。
いつも同じタイミングで投げていれば、概ね同じ深さのテイクバックができるようになります。

なので、テイクバックをする時に「1〜2〜3!」と数えながらタイミングを取る練習を心がけます。
最初のうちは声出したほうがいいかもしれませんね。
※一人で投げている時に「怪しい人」扱いされるのは我慢しましょう♫

ここで「概ね同じ深さの」と書いたのは、もう一つの要素「スピード」があるからです。
コレはスローイング全体に関わってくるので、後ほどゆっくり…

テイクバックの向きは壁で矯正

テイクバックの向きは背中を壁際に向けて、壁に沿ってテイクバックしてそのままスローイングする練習をします。
この素振りの練習、かなりいい練習になります。
さすがにダーツバーやマンガ喫茶などのダーツコーナーでするのは抵抗があるかもしれません(私はしてましたけど…)。
自宅などでも十分にできる練習なので、ぜひ取り入れてください。

テイクバックはダーツを投げる全体の動きで考える

上に書いた練習もそうなんですけど、テイクバックをそれ単体で考えると、たまに訳分からんようになります。

それは、スタンス、セットアップ、テイクバック、リリース、フォロースルーの一連の動きの中にテイクバックがあるで、スタンスが狂うと、セットアップが狂うと、リリースが狂うと同時にテイクバックも狂うからです。

この全ての動きの関連は、別の記事で…描けるかな?(^_^;)

今日も最後までおつきあいいただきありがとうございました。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ投げ方入門