各ダーツスタンスのメリットとデメリット

      2016/10/22





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

関連記事

ダーツスタンスの種類

ダーツスタンスは自分にとってのメリットデメリットで決める

前回ダーツスタンス(立ち方)の種類について挙げてみました。
ダーツスタンスは大きくわけて

  • クローズドスタンス
  • オープンスタンス
  • ミドルスタンス

の3種類があります。

3種類あるって言われても、どれにしたら良いかわかりませんよね?
わかります!その気持ち!
こればっかりはご自分で試すしかないんですよね。
色々試した上で自分に合うスタンスを探していく作業が必要になってきます。

スタンスって本当に人によって違うんですよね。
ビックリするくらい。
自分には良いと思えるスタンスが、他人にとっては全く合わないこともしばしばあったりします。
根気良く探すしかないですね。

しかし、闇雲に試してしまうとどれが良いのかわけわからんようになってしまいがちです。
効率よく自分に合ったスタンスを探すためには、各々のスタンスのメリットとデメリットを知った上で試すと良いでしょう。

そして、今回はその3種類のスタンスの「一般的に言われている良いところと悪いところ」に対するお話です。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

各ダーツスタンスのメリットとデメリット

img_1426

img_1427

img_1428

自分のスタンスを作れるかどうかが上達の決め手

自分のスタンス…
私は自分のスタンスを探すのに約1年かかりました。
それは私があんまりスタンスについて重要視していなかったからです。
でも、実はスタンスって物凄く…ものすっご〜く!大事なんですよ。

言うなればスタンスはロケットの発射台のようなもの。
発射台がグラつけば、ロケットも明後日の方向に飛んで行ってしまいます。

そして、無理のあるスタンスを取ってしまうと、体全体に力が入ってしまい思い通りに体が動かなくなってしまう恐れもあります。

ダーツが上達する第一歩…
自分に合ったスタンスを探すことと言えるでしょうね。

そして勿論スタンスの種類は今回挙げた3種類を基本にして、体重のかけ方、後ろ足の位置、角度など多くの要素が絡んできます。

次回はスタンスを決めていく上で絡んでくる要素についてのお話です。

そろそろめんどくさくなってきました?(^_^;)
でも、スタンスをちゃんと決めないと、後々物凄くめんどくさいことになります。
ダーツフォームを一から考え直すことになる恐れも… ←経験者談(^_^;)

少し理屈っぽい漫画が続いていますが、どうかご容赦ください。

今日も最後までおつきあいいただき有難うございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ投げ方入門, ダーツ研究所, ボクBULLってるんちゃいます?