ダーツスタンスの種類

      2016/10/22





















いつも私のヘタッピーな絵と、拙いストーリーにお付き合いいただきありがとうございます。
本日もちょっとしたダーツの世界をお楽しみいただければ幸いです。

前回からスタートした「ダーツの投げ方入門編」。
まだ私もダーツ初級者と言えるレベルではありますが、今まで私がししょーや周りの上級者の方に教えていただいたものをまとめる意味、そして少しでも「ダーツを始めるぞ!」ってな方のお手伝いができればと思います。

まずダーツボードの前に立つところから

さて、実際ダーツを投げる時に最初の行動は… そうですね、「ダーツボードの前に立つ」です。
「ダーツボードの前に立つのんなんか誰でもできるやんか!」
はい、誰でもできます… 全く難しいことではありません。
ただ、ちょっとダーツを投げるのに投げやすいであろう立ち方がいくつかあるってことなんです。

では、ダーツを投げる時の立ち方を紹介しましょう。

※この漫画はちゃぁちゃんの体験をもとに、溢れんばかりの想像と妄想と誇張をふんだんに盛り込んだウソフィクションです。

ダーツスタンスの種類

img_1421
img_1425

実は、ダーツスタンスは単純に3つに分けれない

ダーツを投げる時の立ち方は自由なんですけどね。
特にこう立たなきゃいけないって決まりはありません。
しかし、ダーツを投げる為のフォームを作るとなると、投げやすい立ち方、スタンスというのがあります。
まず基本として、クローズドスタンス、オープンスタンス、ミドルスタンスの3つがあります。

しかしこれも完全に分かれていないと言えるでしょう。
私個人としては、完全クローズな方は見たことありますが、完全オープンな方はあんまり見たことないですね。
多くはクローズ気味のミドルであったり、オープン気味のミドルであったりすることが多いのではないでしょうか?
これらはどれが良いとか、どれが正解とかとかってモノじゃないです。
一言で言えば「好きなのん選んだら良い」んです。

そして、これらのスタンスには各々メリットとデメリットがあります。
それらを考えながら実際に試しながら選べばいいでしょう。

さて、次回は各スタンスのメリットデメリットについてです。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

もしよろしければ ポチッと…
↓ ↓ ↓ ↓
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村

おすすめ

 - ダーツ投げ方入門, ダーツ研究所