4スタンス理論-B1タイプ






















4スタンス理論B1タイプでダーツする

4スタンス理論では人の動きの特徴を4つに分類して、その特徴にあった動きをすることによって、力を最大限に引き出そうという考え方です。

  • タイプはA1、A2、B1、B2の4種類で自分がどのタイプなのかを知り、タイプ別のフォームを作ってく。
    もちろん人を完全に4種類に分別することはできません。
    よって4スタンス理論を「絶対視」するのはちょっと極論であると思います。
    人それぞれ自分のタイプを基準にして、自分なりのフォームを完成させていけばより早く、自分の理想のフォームを作れるのではないでしょうか。
    私なりに調べて実験した「私なりの考え」をまとめてみました。

 

B1タイプの特徴

重心:足のかかとの内側に重心を置きます。
軸:左右同側同士の肩と股関節が連動することで体幹能力がうまく伝わるタイプ。右肩なら右股関節が連動。

B1タイプのスタンス

B1はクローズ気味のスタンスです。
まずは、軸となる後ろ足の位置を決め、そこから前に体を倒すように前足を置きます。

  1. まず、後ろ足の足首裏側に体軸の始点を置き
  2. そこから膝の裏に軸が続くようにイメージします。
  3. 膝の裏から後ろ足側股関節、背骨から首へと軸を作ります。
  4. 背中側の首に頭を乗せ軸を作ります。

B1タイプで重要なのは後ろ足から軸を取り、前傾姿勢になるという事です。
前傾姿勢になりすぎないように、胸あたりに壁があるようにイメージしてください。
そしてパラレルタイプであるため、全体的にクローズ気味の構えになります。

A1タイプのセットアップ

腕を下からダーツボードの中心をなぞるように上げていきます。
肩、肘、手首の内側に壁があるイメージでセットアップします。
Bタイプは腕を振らず、直線的にダーツを押す感じで投げるようにします。
B1タイプはテイクバックが深くなる傾向にありますので、セットアップの際、ダーツが肘の真上や、肘より前に出ることもありますが、気にしないでください。

B1タイプのグリップ

ダーツを深め(指の付け根に近く)に置き、手のひらの真ん中を平行になるようにダーツを持ちます。
よって、手首の向きは小指側がダーツボードに向かいようにすれば、すんなりグリップできるでしょう。

B1タイプのスローイング

B1タイプはダーツを飛ばすライン上に押し出すプッシュタイプの方が合います。
B1タイプはまたテイクバックが深い方でもあります。
よって肘の上もしくは前にダーツを構え、力を抜いて深くテイクバックした後、ダーツを飛ばすライン上にまっすぐ押し出す形でスローイングします。
リリース位置はダーツの軌道とダーツの向きが一致した地点です。
押し出す形にスローイングするため、最高地点と言うのがありませんので、タイミングを上手くつかむことが重要です。
ダーツの軌道に合わせたスローイングを心がけましょう。






















おすすめ

公開日:
最終更新日:2016/05/06